October 23, 2006

4年

N4_1 

さて、バイトをしながらの学校生活も最終年です。学校生活は相変わらずでした。このときの定期演奏会の予選曲はソルの第二喜遊曲です。この時が,アイレという名前がついていませんがデュオの最初でしょう。審査員の先生からはジョンとブリームみたいだといわれました?意味不明…!ぶつかり合って弾いていた感じでしょうね。当時の重奏はラミレス2台で重奏とかいう風にギターも同じ製作家や系統にするのが普通だったけど、私たちはE・B・ジョンズととM・ヴェラスケスで楽器の傾向も統一せず弾いていた。そこまで統一する必要があるのか!違う楽器だからこそいいんじゃないか、という自分たちの考えというよりその楽器しか無い。おまけに私のバイトの為、お互いあまり合わせる時間がなかった。勢いで弾いていたかな。

 そういえばこの頃って全部暗譜していたんだよね。今じゃ出来ん!

| | Comments (2) | TrackBack (0)
|

March 16, 2006

ギター合奏団

 ギター合奏団Bグループは以前もここに書きました。

 一番大きなギター合奏団のAグループは大きな公演が年に何回かあり、全員で合奏をする前にパートごとに練習し、曲想や演奏の方向性を決めておきます。パートリーダーは、音楽院の先生やプロのギターアンサンブルのメンバーです。月に何回か大合奏というのがあり、そこで曲を仕上げていきます。プロの先生方以外は、学校の生徒や教室の選ばれた生徒でした。最終的に院長が指導しまとめます。

 全部の合奏団が参加するクリスマスコンサートやニューイヤーコンサートでは掛け持ちのメンバーも多かったのですが、大きいステージで演奏できるのは合奏団の一員と言っても貴重な体験でした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

3年

 またn3 久しぶりに音楽学校に戻ります。

そんな感じで勉強は進んでいきます。3年の時の定演の予選は、和楽器の4重奏のための曲をアルトギター、プライムギター、アルトチェンバロギター、バスギターの4重奏に編曲して演奏しました。曲の題名は今では楽譜もないし古い話なので思い出せません。曲は良かったし試みとしては良いアイディアと思いますが、いかんせん私たちには音楽的に難し過ぎて消化できず終わってしまいました。この学年の頃の合奏団が自分にとって一番活発に活動していた頃だと思います。また先輩後輩などの関係もよく楽しく活動できました。私はこの頃から授業のギター合奏では以前のプライムギター(普通のギター)パートからアルトギターのパートへ移ります。その当時使っていたアルトギターは予算の関係で野辺邦治氏(この製作家のアルトギターは珍しい)製作のものでしたがとても明るくていい楽器でした。Bでは相変わらずプライムギターパートでした。

その頃今のharu(実は今の家内)に出会うことになります。Bと言う合奏団に入ってきてそこで先輩後輩と言う感じになります。その中で公私とも音楽の話や人生?の考え方などを話していきます。お金も無い自分でしたし、バイトなどで時間もあまり無いのでデートと言っても近所の大きな公園とか映画とかくらいでした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

November 26, 2005

引越し

 この頃住んでいたアパートは6畳ほどの広い部屋だったのですが大家さんの都合により出ることになり、すぐ近くのアパートの引っ越すことになりました。そこは4畳半で流しも付いていましたので、自炊をするようになります。それまでのアパートでは自炊しにくかったので、即席か弁当を買ってくるのが普通でしたが、自炊主流になりました。前より少しは家具?も増えていました。そのアパートは同じギターの学校の友人もいました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

November 11, 2005

1.2年の時の曲

n1 n2  私が演奏した曲ですか?では書きますね。演奏会用の曲として1年の時の独奏曲は忘れたのですが、2年のとき同級生の友人とピアノのためのバッハのインベンション1番をアルトギター(友人)とバスギター(私)で演奏しました。合奏用ギターの試みとしては良かったと思います。バッハのインベンションをそういう形で弾いたのは私たちが最初だったと思います。この次の年に別な人がインベンションの別の番号のものを演奏して予選を通り、定期演奏会で弾いてました。この頃から合奏用ギターでいろいろな試みをする人が色々出てくるようになりました。ギター以外の楽器のための曲を編曲して弾く形です。賛否両論でしょうが、例えばギター編でよく弾かれているピアノのグラナドスの曲を、アルト・バスの重奏にしたり、チェロの無伴奏をバスギターで弾いたり、リュートの曲をアルトギターで弾いたり。普通のギター独奏は、本当にうまくないと不利だったかもしれません。

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

November 06, 2005

ギターの買い替え

 その当時演奏していたギターは、以前ここにも書いたコントレラス1世のギターでした。表面板はスプルースのギターでそれなりに明るく軽く透明度もあるギターでした。これで2年くらいまで頑張っていたのですが、もっと要求が出てきて楽器を変えたくなってきました。当時渋谷にあった某楽器店でヴェラスケス、ワイスガーバー、サントスが同じくらいの値段であり結局ヴェラスケスにしてしまいました。独奏だけだったら中古でしたがサントスを選んだと思うのです。合奏のことも考えた結果でした。下取りにコントレラスは出されます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

November 02, 2005

貧乏学生・・・

私の最初住んだアパートは6畳一間で洗面所や調理場、トイレは共同でした。自分の所有物はファンシーケース(ハンガーの付いたビニールのロッカーのようなもの)と衣類を入れるプラスチックケースとコタツ、扇風機、ラジオ付きカセット、布団一式、電気ポットとギター関係だけでした。

貧乏学生の典型のようですが、同期の友人たちも皆こんなものでした。中にはバイトの給料日が来るまで1週間くらいあり1斤のパンをちょっとづつ食べるような生活をしていた人も居ました。

給料が出たら欲しいものを少しだけ買って後は生活費です。質屋にも何回か行ったこともあります。本当に苦しいときは親の仕送りを少しでも頼んでいました。

そういえばギターの月賦も払っていましたので、給料は丸々使えるわけではなかった記憶がありますね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

October 21, 2005

バイトを替える!

みなさん、久しぶりです。

実はある教室の発表会のCDを作っていたのでご無沙汰でした。

演奏自体の切れ目はいいのですが、司会の切れ目が難しくてちょっと難儀しました。

あと、ピアノとギターの音量レベルの調整が難しくて・・・

ま、去年より随分ときれいにできましたのでいずれ教室の皆さんにお目にかけられると思います。

演奏は、ま、本人しだいということで?!

学校時代に話を戻します。

 

2年生くらいの時、いわゆるロックバンド系の生徒なども入ってきました。有名なロック系の歌手S氏のバックバンドをやっていたこともあるそうです。しかし、しばらくするとこの人たちは居なくなりました。クラシックギターを習うのはエレキギターにも役に立つと思ったのでしょうが、そういうのに明るい先生がこのころは居なかったのです。

当時の話で、今は大分事情が違ってそういうコースもあるのですが。

そのうちコンビニの夜間のバイトが今までしたバイトより時間の心配(配達や集金)をしなくて一定でできるのでそちらへ移ってしまいます。前の牛乳配達のバイトは住み込みでしたのでそこを出るに当たって友人の住んでいるアパートを紹介してもらいます。最初のアパートは隣に大家さんが居て下宿みたいな感じの所で大学生が中心のアパートでした。よくわからないのですが、最初は大学生が居たのですがそのうち私たちN校生だけになりました。そこで知り合った仲間とは今でも仕事や環境が違ってもたまに会って色々世間話をしています。この友人たちは最初昼の部で勉強していたのですがやがて夜間部に移っていきます。やはり経済的にきつかったのだと思います。このつながりから夜間部の人とも知り合うようになっていきます。

昼の部の人は生活のためにバイトをしている人は少なく経済的には恵まれている人が多く、自活している人は少なかったと思います。

コンビニは週3回くらい夜の11:00くらいから朝の6:00くらいまで仕事をしていました。

大体一緒に仕事をしていたのは絵の勉強中の人や専門学校生でした。夜は手当てとして夜食にコンビニの弁当を500円分もらうことができました。貧乏学生にはとても助かりました。 早朝コンビニからアパートまで帰る頃は結構疲れてましたね。

授業まで時間がある日は、一眠りします。バイトの終了後そのまま着替えて授業に出た時などは、睡魔との闘いでした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

September 07, 2005

当時のBグループ

 Bグループはいわゆる音楽学校の生徒が中心の合奏団でした。指導の関係上OBが何人かいましたが、学生は絶対に入団するということにはなっていなかったので他の合奏団にいる人などは入らない場合も多くありました。

 そういうわけで団員数はあまり多くありませんでした。たいていは授業が終わった後に練習をしていました。レパートリーは主に合奏用ギターの曲ですが他の合奏団ではやらないような曲目をやったりして、ちょっと他の合奏団とは異なりユニークな存在でした。ギター合奏には不向きな曲だと思われる物も最終的にはまとめてしまうのですから。これは合奏団を指導していた先生とOBであるコンサートマスターの独特の発想のおかげだと今でも思っています。

 この合奏団で初めて弾いた曲がプロのギターアンサンブルで取り上げられたりした時も何回かありました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

August 29, 2005

バイト2

 そういう感じでバイトをしていたのですが、やがて通っている音楽学校の学生でのギターアンサンブルBグループ以外に最もトップのギター合奏団であるAグループへ入団するように担当の先生から言われます。この合奏団は日曜日や特定の日に練習が入ることがある為、喫茶店のバイトをやめざるを得なくなりました。タイミング悪く一緒に仕事をしていた女の子がやめてしまい私もやめるといったら大変でした。そんなこんなで、結局住み込みのバイトだけになってしまいました。

ま、体は以前より楽になりましたが・・・

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

より以前の記事一覧