January 24, 2012

フラメンコ用メトロノーム2

Mforv2


これは以前ここで取り上げたフラメンコ用メトロノームのオスカル・エレーロのメトロノームのバージョンアップ版というかPCやMACのUSBに接続してソフトで起動させるタイプのメトロノームです。

オスカル・エレーロのフラメンコ用メトロノームの付属ソフトのバージョンアップ版でソフトのみでもメトロノームとして十分使える仕様です。要するにコンピュータ上での使い勝手が向上しています。

もともとこのエレーロのフラメンコメトロノームはパーカッションの音質がリアルで通常のピコピコというメトロノームとは一線を画します。

以前紹介した本体のメトロノームがある前提で作られているようではありますが。

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

January 15, 2012

reyes hijo 2

Reyes_jiho

今回はreyes hijo氏のサインをもらった写真です。

サウンドホールの切り抜いた板にサインをしてもらっています。

写真はその時のものです。

購入したギターショップアウラの本山さんがスペインのレジェスの工房に行ったときにもらって来てくれました。

ありがとうございます、お宝にします。

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

ハウザーギタークリニック3

Hauser3_sign載せるのを忘れていたので今頃ですが、2010年の11月ごろのハウザー3世からいただいた色紙です。

http://torres.tea-nifty.com/melodious_sound/2010/11/post-8ced.html

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

January 10, 2012

ギターを楽しむ会最終回

 とうとう去年で10年以上参加してきた「ギターを楽しむ会」が終了してしまいました。

 25年間50回目で終了です。

 この会はジャンルを問わない愛好家たちの演奏の場でした。クラシックギター、フラメンコギター、バロックギター、リュート、バイオリン、フルート、三味線、尺八などの楽器からクラシック、ボサノバ、ブルース、ジャズ、フォルクローレ、フォークソング、ロック、民謡など様々で、自分の行動範囲だったら多分接することのないものもあったと思います。

 最後には必ずクラシックギターのプロの先生が数曲演奏して閉めます。

 そもそもの始まりは、一年に一回の発表会くらいしかない人たちに演奏する機会を与えるために発足したものだということです。主催者もいわゆる愛好家でした。数年前に主催者の一人ががんで亡くなりました。また別の主催者の一人も嗜好がギターから別の楽器の方へ移行していきました。

 演奏する場もだいぶ増えてきているし、主催者の年齢的なことや環境の変化などで終了ということのようです。

 いろいろ勉強させていただいた会ですので終了が残念ですが、この場で知り合った方々とはまたどこかでお会いすることがあると思います。その時はよろしくお願いします。

主催者のみなさん、長い間お疲れさまでした。

そして、ありがとうございました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

January 08, 2012

糸巻きのメンテ

3m1左の写真は住友3Mのターニシールドという液状の銅、真鍮用磨き剤です。

 高級手工ギターの使われている糸巻きの多くは真鍮です。あとはニッケル、銀のプレートですが非常に少ないです。

 この磨き剤はメッキには絶対使ってはいけない物です。また銀用には同じメーカーで専用品が出ています。

Rodgersbefor左の写真はイギリスのロジャースの糸巻きです。19世紀の糸巻きにも共通する品格のある立派な糸巻きです。工作精度も非常に高いです。さすがに年月とともに赤みがかかってしまっています。1979年製のギターです。
Rodgersafter磨いた後です。大分きれいになりました。若干赤みが残っていますがこれぐらいにしておきます。やりすぎると失敗しますので。。。

 DIYでのメンテナンスのコツは「徹底的にしないでほどほどに」です。

 くれぐれも機械製のギターの糸巻きなどには使わないように。メッキのものがほとんどです。間違いなく真鍮だというものにしか使ってはいけません。失敗しても責任は持てません。

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

December 18, 2011

reyes hijo

 以前使っていたAguilarteを下取りしてにManuel Reyes hijo2011を買いました。

 Aguilarteはフラメンコギターを現在の先生に習う際に人から譲ってもらったものでした。

 糸巻きが元の糸巻きより安物に交換されていた(消耗のため?)のでちょっとだけいいものに交換しました。フラメンコギターの糸巻きは肉厚の重量のあるものに交換するとヘッドが重くなりバランスが悪くなるので交換する際はちょっと注意です。というのはボディが材質や厚さの関係上軽いからです。フラメンコギターのヘッドは軽いほうがいいということで木ペグのギターも今でも作られています。

楽器自体は気に入っていたし思い入れがあったので手放したくなかったのですが、もっと良いギターを欲しいことと資金的に厳しいということで下取りに出さざるを得ませんでした。

Reyes_hijo2写真の楽器がReyes Hijoです。まだ新しいのでちょっとこなれて音がでで鳴るまで時間がかかりそうです。

 スペインのフラメンコギターではReyes Hijoの父のManuel Reyesはクラシックギターでも有名なArcangel Fernandezと並ぶ最古参の製作家のようです。クラシックギターの製作もしていますがフラメンコギターの方が有名です。

その息子のフラメンコギターです。製作自体は現在20年程のキャリアがあり、働き盛りの年齢のはずです。製作技術(組立)はお世辞にも上手いとはいえません。塗装は非常に薄いセラックニスです。場所によっては塗ってあるのか?という感じのところ(上に軽く塗った程度)があります。でもスペイン的な雰囲気があります。

 私がギターを買うときは音や弾きやすさも大事ですが楽器全体の雰囲気というか佇まいを感じてみます。それが納得できれば購入することになります。

安いとは言えない楽器ですので大事に使っていきたいと思います。

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

December 14, 2011

サバレスフラメンコトマティートノーマル弦2

 さてタイトルの弦をDevoeに張ってみました。

 うーん、微妙な感じです。

 サバレスの弦の特徴は出ているのですがこのギターには欲求不満かも。黒のフラメンコギターの良さが生きないかもです。クリアさはありますがのびのびとした豊かな感じがあまりありません。

 自分的にはLa Bella2001のフラメンコ用の方が豊かな響きがして好みですね。

 弦の選択は難しいです。同じ製作家のギターでも人によって、弾き方や好みによっても変わるものです。張って見なければわからない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

フラメンコギターで忘年会

 11月末にフラメンコギターの発表会?とパーティー(忘年会)がありました。

 フラメンコの先生はマドリッドの実家に12月になると帰ります。

その前に普段のレッスンでは会わない生徒同士が参加して一年の成果を披露する年一回の行事です。

 生徒がそれぞれ曲を弾き、最後にグループで演奏します。

 私はsoleaとおまけでクラシックギターのM.Ponce3つのメキシコ民謡から君ゆえにを弾きました。今回のフラメンコギターはDevoeの両用ギターを持って行きました。   

 

 パーティーではワインと奥様(日本人ですがスペイン料理研究家で有名)の料理でくつろぎます。

今年はなぜか?それぞれの弾いた曲の公開レッスン付きでした。もうだいぶ飲んでましたが。

 

 今回haruは習っている先生のコンサートで参加できませんでした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

October 21, 2011

サバレスフラメンコトマティートノーマル弦

 さっそくアギラルテ白に張ってみました。

 音の分離がよく歯切れがいいのでフラメンコにはいい弦ですね。音はラベラ2001に比べると線が細い感じがします。3弦がカーボンなので変な音色?にならないのもいいと思います。ナイロン弦を張って3弦だけカーボンにするのは一時期クラシックギターでも流行っていた時があるらしいです。低音の巻弦もちょっと細めですかね。音が軽い感じです。

 もうちょっと使ってみます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

帰省と観光3

 実家には2.日ほど居ました。

 その時近所の昔ギターの先生をしていて今は不動産会社を経営しているⅠさんに会ってきました。その実家でいろいろ話を聞いてきました。

ギターを教えていたのは私が中学生のころですから30年以上前です。大手のギター教室の系列と親しくさせてもらっていたと思います。その人は高校のギター合奏から入った方でした。当時それなりに生徒を持っていましたが子供を育てるために保険の代理店から始め今の職業になりました。持っていた教室は弟子で私たちの先輩のAさんに全部引き継いだということでした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

より以前の記事一覧