July 31, 2011

MTBブレーキ交換その後2


Brm595f2_2


 ブレーキパッドはレジンとメタル両方に対応しています。パッドの入れる開口部は以前のキャリパーBR-M486より大きく交換が容易になっています。

 今のMTB、街乗りで使うには十分なスペックを持っています。普通の自転車より定期的なメンテナンスが必要なのですが乗っていて楽しいのも事実です。

これにヘルメットとグローブをして乗っています。

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

July 29, 2011

MTBブレーキ交換その後

Blm595lブレーキレバー交換後の写真です。ビスが2つついている部分はミネラルオイルを入れるタンクです。またレバーの下についているつまみはレバーの握り幅を調整するものです。


Brm595f1 Brm595rフロントとリアのキャリパー交換後の写真です。

体感できたのは以前のものに比べ軽いフィーリングがするというくらいですが。

マウンテンバイクでは日本のシマノというメーカーが世界的にかなりの部品を供給していて輸入物のマウンテンバイクもかなり多用してあります。一方でこのメーカーは釣り具のメーカーとしても有名です。

ちなみに私の乗っているルイガノはカナダのメーカーです。当然ですがMTBも多国籍の部品で成り立っています。このへんは自動車と同様です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

July 10, 2011

MTB

 私のお気に入りのマウンテンバイク、ルイガノXC-BART PROのリアディスクブレーキのキャリパーが駄目になってしまいました。パッドが減っていたので近所の自転車やさんで交換したのですがブレーキの異音が大きくなってちょっとおかしかったのです。

 MTB専門店で見てもらったらデフォルトのキャリパーBR-M486の油圧関係がおかしいようでした。せっかく交換したブレーキパッドもオイルが滲み駄目になっていました。よく調べたところ油圧ブレーキのレバーのピストンがおかしいということでレバーからキャリパーまでをDeoreに交換することにしました。左右で仕様が違ってしまうのでここで思い切ってそろえて交換、キャリパーも前後替えることにしました。このMTBは基本コンポーネントがDeoreですがDeoreシリーズのパーツでなかったブレーキ部分もDeoreに統一されます。

 通勤する時の急な下り坂のブレーキが問題かもしれません。あとは半年に一回くらいのオイル交換のメンテナンスをやってなかった事も問題かも。

 走行距離ですがだいたい年2,500Kmくらいですかね。現在一年半ぐらいで3,500Kmくらい走行していると思います。雨の日はバス、電車通勤です。

 直ってくるまで部品取り寄せなどで1週間くらいかかりそうです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|