« July 2011 | Main | September 2011 »

August 23, 2011

帰省と観光1

 夏季休暇と少しずらして休暇を取り八戸に帰省しました。

 ついでに行きは十和田湖、帰りは蔵王に立ち寄りました。

 十和田湖は遠足などで来て以来何十年ぶりかな?実家が近いのですが、ほとんど冬に帰省していたので雪などで立ち寄ることがありませんでした。

 Towadaprince1宿泊地は写真のとおり珍しく観光ホテルです。いつも寝るだけの宿ということでビジネスホテルで済ますので変な感じです。

 Towadayuuransen今回あいにくの天気で行きたい所へ行けなかったのが残念。湖を一周する遊覧船には乗りました。

 Oirase1奥入瀬渓流も天気が悪すぎてほとんど歩くことはありませんでした。雨の時期でなければ水がきれいで本当に気持ちがいいのですが。

 湖の一望できる御鼻部山展望台にも行ったのですが霧?靄?で全然見えません。もちろん観光客らしき人は誰も来ていません(* ̄ー ̄*)。

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

August 22, 2011

フラギの弦

フラメンコギターの弦の件です。

好みがあるし昔は厳密にはフラメンコギター用の弦というものがありませんでした。ただやはり歯切れのよい弦をということでサバレスの赤がよく張られていました。

さて私は、

Labella2001flamencomediumラ・ベラ2001のフラメンコギター弦ミディアムです。たいていの場合この弦で済みます。所有しているアギラルテ白、デヴォー黒のどちらでも特に問題なく使えています。


Condenormal
ギター製作家コンデ・エルマノスの名前が付いたフラメンコギター弦です。気が向いたとき使っています。


Serranitostringこれはフラメンコギタリスト、ヴィクトル・モンヘ・セラニートの名前の付いたロイヤルクラシックのフラメンコギター弦です。デヴォーに張ってみましたがハードテンションのせいか左手がちょっときついです。


Tomatitostringnormalフラメンコギタリスト、トマティートの名前の付いた最近出たサヴァレスのフラメンコギター弦のノーマルテンションです。ハイテンションもあります。高音弦の1,2弦はクリスタルナイロン、3弦はカーボンということです。これから試しますのであとで感想を書いておきます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

August 16, 2011

クラギの弦

 久しぶりのギターネタです。

 今回はクラシックギターに張っている弦のお話です。

 M.Velazquez1996に張っている弦です。

Royalclassicsricital以前はこの弦、Royal ClassicのRecitalを使っていました。でもこの弦はセット販売しかありません。

Savareznewcristal1最近はSavarezのNew Cristal normal tentionを使っています。高音弦がとても品があっていいです。しかもバラで入手できるので不良弦の時も安心です。若干へたるのが早いかも。

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

« July 2011 | Main | September 2011 »